【ビットコイン価格分析】BTC半減期後の値動き予測

仮想通貨
シェアはココから↓

ビットコインの3回目の半減期は、2020年5月12日AM5時頃となります。過去の半減期の値動き&直近の値動きから、第3回半減期直後の値動きを分析します。

第1回半減期前後の値動き

以下は、Trading Viewで示したBitbankの第1回目の半減期(2012年11月29日)前後のBTC-JPYチャートです。

(出典:Traiding View

第1回半減期の当日(2012年11月29日)の終値は、1016円です。直近高値(2012年8月17日)の1304円よりはやや低い位置にあります。しかし、半減期の直後から急激な上昇相場を作っていきました。

(出典:Traiding View

半減期の半年後までチャートを伸ばしてみると、2013年4月13日には、最高値25,760円をつけました。つまり、第1回半減期では、半減期直後から上昇相場を作り、約25倍まで急激に上昇したということになります。

第2回半減期前後の値動き

以下は、Trading Viewで示したBitbankの第2回の半減期前後のBTC-JPYチャートです。

(出典:Traiding View

第2回半減期当日(2016年7月9日)のビットコイン日本円の終値は、65,126円でした。こちらも、第1回と同様に、直近高値(6月17日)の81,383円よりやや低い価格帯で推移しています。そして半減期直後にいったん10%程度の上昇を見せるものの、ダブルトップを組むような形で再度下落し、8月2日には47,030円の底値とつけています。つまり、半減期約1か月で、価格は30%程度下落しています。

ところが、その後は、ジワジワと直近高値を更新するような上昇相場を見せています。

つまり、第2回半減期は、第1回と違って、半減期後に一度下落にしてから、上昇相場に転換しています。

第3回半減期直前の値動き

(出典:Traiding View

ビットコインは、2020年3月12日のコロナショックによる急落後、ジワジワと反発を見せ、5月7日には107万円(10,000ドル)の高値をつけました。しかし、5月10日に一時88万円前後まで1時間でおよそ15万円幅も下落して、再度反発して、ヨコヨコした動きになっています。

それまで直近安値であった91万円を一撃で割り込んでいるため、ダウ理論的な分析では、上昇相場は終了です。

一方で、3月12日の大底値から最近の安値を引っ張ると、上昇ラインが引けますが、これを割ってきてはいないので、現在の価格を「押し目」にするように再度上昇する可能性もあります。(その割には、1日以上89万円~95万円あたりを停滞しているので、反発が弱い印象も受けます。)

結論を言うと、これから上昇に転じるか、さらに下落するか非常に読みにくい相場です。

第3回半減期直後の予測

筆者は、次の3パターンで分析しています。

①CMEの窓埋めをするため、再度107万円(10,000ドル)付近まで上昇する可能性

(出典:Traiding View

CMEビットコイン先物は、シカゴ・マーカンタイル取引所に上場しているビットコイン先物のことです。米国シカゴ時間の平日のみ稼働しているため、土日に大きな値動きをすると、金曜の終値から月曜の始値の間に空白(窓)が生まれます。これを埋めにくることを「窓埋め」といいますが、ビットコイン先物の場合、90%前後の確率で、1週間以内に窓埋めをする値動きになっているため、多くのトレーダーも、CMEビットコイン先物チャートの窓には注目しています。この窓は、13万円弱の値幅があり、2020年最大の値幅になります。

②上昇に転じるも直近高値に届かず、再度下落する可能性

(出典:Traiding View

一度、反発を見せるものの、直近高値の107万円までは届かず、再度下落する可能性もあると考えています。先日の100から107万円付近で利益確定した層は、もう少し安値をつけてから再度買い増ししようと考える可能性が高いため、買いの出来高があまり増えないパターンです。高値から安値までフィボナッチリトレースメントとひいてみた、0.382や0.5のラインで高止まりするようなものを想定しています。これらのフィボナッチリトレースメントのラインは、さらなる下落を想定している空売り勢(ショーター)がショート(空売り)しやすい価格帯になるので、価格の上昇が止まる可能性があります。

③このままヨコヨコしてさらに下落する可能性

(出典:Traiding View

半減期の到来まで静観ていた層が半減期到来後に利益確定売りを行って、さらに価格が下落する可能性もあると考えます。そのようなファンダメンタルの到来後に売られることを「事実売り(sell the fact)」と呼びます。

まとめ(筆者の戦略)

半減期直後にどのような値動きするのか判断が難しい局面なので、レバレッジをかけた短期取引は慎重に行った方がいいでしょう。また、現物買いは、ある程度価格が下がったところまで気長に待つ、という方針が良いかと思います。


筆者は、短期では小さい玉でロングに入っていますが、再度直近安値88万円をわりこんでくるようだと損切します。また、現物買いは、46万円から107万円にフィボナッチリトレースメントをひいたところの0.5(76万円)、0.618(70万円)あたりまで下がるのを待ちます。または、大きく急落して、日足のRSIが30以下(売られすぎ)になるまで買いません。

いずれにしても、下記リンクの記事のとおり、2021年は至上最高値を更新する爆上げがあり、億り人が続出すると予測していますので、長期的には買い一貫です。2021年の暴騰にうまく乗るために2020年のうちになるべく安い価格帯でビットコイン(BTC)を買うといいでしょう。

「2021年に億り人が急増する可能性」の記事は、こちら↓

フジマナ.COM | 資産10億円を目指す旅好き投資家YouTuberのフジマナによる資産運用、社会、海外、育児などの情報発信
【長期保存版】2021年に仮想通貨が爆上げす/

おすすめ仮装通貨取引所

Binance(バイナンス)
Binanceは、登録人口700万人を超える世界でも特に人気高い仮想通貨取引所です。FXも現物取引も可能です。取り扱いコインは、ビットコイン、リップル、イーサリアム含む140種類以上です。筆者も、仮想通貨FXをする際は、この取引所を使っています。
下記リンクからBinanceに口座登録すれば、通常の登録と違って、取引手数料の5%の割引を受けられるため、オススメです⇓

Create a free account | Binance
Register an account with Binance today

FTX

FTXは、近年急に人気になった仮想通貨取引所です。かつてFX取引で人気だったBitMEXが5月1日から日本人が使用できなくったため、FTXに乗り換える日本人が多いようです。FTXはインデックスやアルトコインをメインとした無期限型先物が数多く扱われており、「レバレッジトークン」と呼ばれる特殊なERC-20トークンを取り扱っていることが特徴です。
下記リンクからFTXに口座登録すると、取引手数料がずっと5%OFFになるクーポンがついてきますので、オススメです

FTX
FTX Cryptocurrency Derivatives Exchange, built by traders, for traders. Buy and sell BTC, ETH, USDT, BNB futures and index futures with up to 101x leverage.

Bybit

Bybitは、ビットコイン、リップル、イーサリアムとイオスの4種類のFX取引ができます。特徴は、追証がない点100倍までのレバレッジがかけられることです。少ない資金で大きな金額で取引したい人には、オススメです。
Bybitの登録は、下記リンクから可能です。

301 Moved Permanently

仮装通貨関連のおすすめ書籍

仮想通貨についてよく知らない方は、書籍等でよく勉強することをオススメします。前述のとおり、2021年に仮想通貨の価格は爆上げする可能性が高いため、2020年のうちに仮想通貨について理解して、投資することをお勧めします。
オススメの書籍は、こちら↓

シェアはココから↓
タイトルとURLをコピーしました