【ビットコイン価格分析】CME先物の窓埋めか?

仮想通貨
シェアはココから↓
(出典:Traiding View

CMEビットコイン先物の窓埋めか?

ビットコイン(BTC)は、2020年5月11日19時台から急に上昇してきています。

下記2つの上昇サインが出た段階で、筆者もロング(買い)で入りました。
①逆三尊を形成し、ネックライン(約94万円)を明確に上抜けた
②1時間足での三角持ち合いを上抜けた

前回のブログで解説したとおり、CMEビットコイン先物の窓埋めをしそうなので、最低でも106万円台まで回復すると予測しています。

前回のブログは下記リンクから👇

【ビットコイン価格分析】BTC半減期後の値動き予測
2020年BTC半減期後の値動きを過去チャート&テクニカル分析から説明

22時追記:下落トレンドラインをタッチし再下落?

(出典:Traiding View

98万円台まで順調に上がってきたあと、急速に下落してきました。よく見ると、直近最高値(107万円)から引ける下落トレンドライン(赤線)にタッチして急に下落してきています。この下落トレンドラインを見ている人が多く、ショート勢に押されたのかもしれません。筆者は、15分足で過去の陽線の安値を割ったのを確認して、96万円台でロングを清算し、微益となりました。

おすすめ仮装通貨取引所

Binance(バイナンス)
Binanceは、登録人口700万人を超える世界でも特に人気高い仮想通貨取引所です。取り扱いコインは、ビットコイン、リップル、イーサリアム含む140種類以上です。筆者も、仮想通貨FXをする際は、この取引所を使っています。
下記リンクからBinanceに口座登録すれば、通常の登録と違って、取引手数料の5%の割引を受けられます⇓

Create a free account | Binance
Register an account with Binance today

FTX

FTXは、近年急に人気になった仮想通貨取引所です。かつてFX取引で人気だったBitMEXが5月1日から日本人が使用できなくったため、FTXに乗り換える日本人が多いようです。FTXはインデックスやアルトコインをメインとした無期限型先物が数多く扱われており、「レバレッジトークン」と呼ばれる特殊なERC-20トークンを取り扱っていることが特徴です。
下記リンクからFTXに口座登録すると、取引手数料がずっと5%OFFになるクーポンがついてきます

FTX
FTX Cryptocurrency Derivatives Exchange, built by traders, for traders. Buy and sell BTC, ETH, USDT, BNB futures and index futures with up to 101x leverage.

Bybit

Bybitは、ビットコイン、リップル、イーサリアムとイオスの4種類の取引ができます。特徴は、追証がない点100倍までのレバレッジがかけられることです。少ない資金で大きな金額で取引したい人には、オススメです。
Bybitの登録は、下記リンクから可能です。

301 Moved Permanently

仮装通貨関連のおすすめ書籍

仮想通貨についてよく知らない方は、書籍等でよく勉強することをオススメします。前述のとおり、2021年に仮想通貨の価格は爆上げする可能性が高いため、2020年のうちに仮想通貨について理解して、投資することをお勧めします。
オススメの書籍は、こちら↓

シェアはココから↓
タイトルとURLをコピーしました