おすすめ仮想通貨取引所まとめ(2020年版)

仮想通貨
シェアはココから↓

仮想通貨の取引をするためには、仮想通貨取引所の口座登録をする必要があります。仮想通貨取引所は、海外にも日本も複数あり、それぞれ取引できる通貨や方法が異なります。仮想通貨取引所での口座登録は、スマホやPCがあればすぐに可能で、特に手数料などはかからず無料でできます。そこで、このページでは、これから仮想通貨の取引したい人に向けて、オススメの仮想通貨取引所を紹介します。

現物取引の仮想通貨取引所

現物取引とは、とても簡単に説明すると、現実に存在する物と同じように「買ってから⇒売る」という流れができる取引所です。反対に、FX取引では、証拠金と担保に「売ってから買う」こともできます。

結論から書くと、仮想通貨取引を始めるには、まず以下3つ全ての取引所に口座登録した方がいいです。
☑coincheck(コインチェック)
☑bitbank(ビットバンク)
☑Binance(バイナンス)
※海外の取引所

理由は、それぞれの取引所で売買できるコインや購入に使える法定通貨(日本円orドル)が違うためです。主要なコイン(BTC, XRP, ETHなど)は、日本円を使ってコインチェックとビットバンクで買えますが、マイナーなコインは日本の取引所では買えません。そこで、マイナーなコインだけは、Binance(バイナンス)で買いましょう。私も、そのように使い分けをしています。

「販売所」と「取引所」の違い
日本の現物の仮想通貨業者には、仮想通貨の「販売所」と「取引所」の2種類があります。

「販売所」とは、仮想通貨の時価に合わせて、販売所が提示する価格(若干、スプレッドあり)で仮想通貨の現物を購入したり、売却したりできる場所です。取引所と違って、価格を指定する「指値」や時価で取引する「成行」などの自由な注文はできないため、初心者向きです。代表的なのが、coincheck(コインチェック)です。

「取引所」とは、他の仮想通貨取引所やネット証券会社での株取引などと同じく、指値や成行などの自由な注文ができる場所です。日本の代表的な取引所は、bitbank(ビットバンク)です。

また、取引所の中には、証拠金を担保にレバレッジをかけたFX取引も可能な所もあります。FX取引可能な取引所は、ページの後半でOVERBITとbybitを紹介しています。

coincheck(コインチェック)

出典 CoinCheck

特徴
取引通貨は日本国内最多のビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、イーサリアムクラシック(ETC)、リスク(LSK)、ファクトム(FCT)、ネム(XEM)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、モナコイン(MONA)、ステラルーメン(XLM)、クアンタム(QTUM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、アイオーエストークン(IOST)の14種類
日本国内でNo1のダウンロード数を誇るアプリ
・毎月一定額の自動積立サービスあり
電気料金の支払いで1~7%のビットコインがもらえるサービスあり
ガス料金の支払いで3%のビットコインがもらえるサービスあり
・2018年にハッキング事件が起きたことで有名になったが、その後に上場企業のマネックスグループの傘下になりセキュリティを強化したため、現在はむしろセキュリティ面が安心

個人的には、これから仮想通貨の現物購入をするなら、最もオススメなのがこのコインチェックです!

コインチェックの口座開設(簡単・無料)は、下のバナーから可能👇

コインチェック

bitbank(ビットバンク)

主典 bitbank

特徴
・仮想通貨の取引量で日本国内No.1の仮想通貨取引所
・取引通貨は、ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、イーサリアム(LTC)、ライトコイン(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCC)、モナ(MONA)の6種類
・ICORatingによるセキュリティの高さ日本No.1
・日本円入金24時間可能
スマホアプリのダウンロード数も日本No.1あり
「取引所」として現物取引のみ対応(FX取引はできない)
スプレッド無し(日本の取引所では珍しい)

日本の仮想通貨取引所では、仮想通貨の現物をスプレッドをかけて「販売所」形式で運用しているところが多いですが、bitbankにはスプレッドがないので、好きな価格帯で取引できる点が特徴です。実は、筆者フジマナも2016年から現物運用のメイン口座として使っているのもこのbitbank(ビットバンク)で、大変オススメです!

bitbank(ビットバンク)の口座開設(簡単・無料)は、下のバナーから可能👇

bitbank

Binance(バイナンス)

出典 COINPOST

特徴
・海外取引所で世界最大手の取引所
・取り扱いコインは、世界最多の100種類以上

・仮想通貨の定期預金(年利約7~20%)もあり(ガチホにオススメ)

デメリット
・海外取引所のため日本円での売買は不可(クレジットカードor他の仮想通貨)
⇒それゆえ、主要コイン(BTC, XRP, ETHなど)の売買は、コインチェックかビットバンクを使った方が楽!

以上の特徴から、日本の取引所では扱っていないマイナーなコインを売買する場合は、バイナンスがオススメです!

バイナンスの口座登録(1分で完了)は、こちらから👇

フリーアカウント作成 | Binance
バイナンスにアカウントを登録

FX取引の仮想通貨取引所

仮想通貨市場はグローバルであるため、世界の中で大手の仮想通貨取引所は、海外の仮想通貨取引所になります。そして、多くの海外の仮想通貨取引所は、取り扱いコインの種類いが多いのと、FX取引に対応しています。また、日本語の表示に対応している取引所がほとんどですので、日本人でも海外の仮想通貨取引所で資産運用を行っている人は少なくありません。

OVERBIT(オーバービット)

出典 OVERBIT

特徴
・レバレッジ100倍まで
・追証なし
デモトレード機能があり、トレードの練習・お試しができる
・トレードするたびにティアポイントが貯まり、ティアポイントでBTCまたはUSDTと交換できる。

・たまにティアポイント・BTC・USDTなどがもらえるプレゼントキャンペーンを開催

筆者も、仮想通貨FXをする際に使っています。
下記リンクからOVERBITの口座登録で30USDTがもらえます👇

Overbit - ビットコイン、仮想通貨とFX取引
ビットコイン、イーサリアム、テザー(USDT)、FX、商品をレバレッジで取引:仮想通貨最大100倍、FX最大500倍。 Overbitは、BTCとUSDTを使用するシンプルで使いやすいな証拠金取引所です。

bybit(バイビット)

出典 bybit

特徴
取り扱い通貨は、ビットコイン(BTC)リップル(XRP)イーサリアム(ETH)イオス(IOS)の4種類
追証がない
100倍までのレバレッジがかけた取引が可能
少ない資金で大きな金額で取引したい人には、オススメ

世界で人気だった仮想通貨取引所BITMEXが日本人には使えなくなったことにより、2020年からbybitが日本人には人気のようです。

bybitの登録は、下記リンクから可能です👇

301 Moved Permanently

まとめ

以上のように国内・海外に様々な仮想通貨取引所があります。取り扱いコインの違い、取引方法(販売所、現物取引所、FX)の違いにより、自身に合った取引所を使うのが良いでしょう。実際に、日本の仮想通貨投資家の多くは「現物取引は日本のコインチェックとビットバンク、マイナーなコインの取引はバイナンス、FX取引は海外の取引所」といったように、目的に合わせて複数の取引所でトレードを行っているので、そのような方法がベターかと考えます。


ブログランキング・にほんブログ村へ

合わせて読みたい人気記事👇

【保存版】2021年仮想通貨で億り人が急増する理由
「2021年仮想通貨で億り人が急増する理由」をテクニカル分析、過去チャート、半減期の観点から説明。
1BTC=8億円?著名人のビットコイン将来価格予想まとめ(2020年版)
世界の著名人によるビットコイン(BTC)の将来価格の予想まとめ(2020年版)
給与所得だけでは本当に裕福にはなれない理由
日本人が「給与所得だけでは本当に裕福にはなれない理由」を税金や銀行時代の経験をもとに説明。
シェアはココから↓
タイトルとURLをコピーしました